富山チャリティお茶会(09/05)

 9月5日(日)に富山県総合福祉会館「サンシップとやま」でBG富山の活動運営支援の為のチャリティーお茶会を、武者小路千家 富山官休会が企画・主催で開催してくださいました。(北日本新聞後援)

 このお茶会には各地から約250人の方々が参加され、本席・副席の立礼席でのお茶を楽しんでいかれました。アスリートは副席の立礼席(席主・邊井徹伸家元教授)でのお運びのお手伝いをさせていただき、お茶会の席で、お客様に直接お茶を運ぶという貴重な経験をすることができました。

 このお茶会を開催するにあたっては、高岡会場でもお世話になったレストラン万惣の中尾様にご尽力をいただきました。ありがとうございました。

写真
チャリティーお茶会のお茶券


写真
6階の受付


写真
BG富山のチラシを配るアスリート


写真
本席の様子


写真
涼しさを出す為にと1.2mほどの高さのイタリアのワインボトルの花入れが使われ、
季節の花7種が生けられています。本当に清清しいです。


写真
副席の立礼席の様子
アスリートもお運びのお手伝い


写真
茶道遠州流・北日本茶会理事の山崎孝司様(客席左から2番目)と共に
SON・富山の藤井会長(客席左端)もお客様に


写真
お菓子を運ぶアスリート



写真
お茶碗をお引きするアスリート


写真
お運びの合間にアスリートもお茶を頂きました。


写真
午前中お手伝いをしたアスリート



午後の様子

写真
午後から交代し、お菓子を運ぶアスリート


写真
お茶を運ぶアスリート


写真
お茶碗をお引きするアスリート


写真
席主の武者小路千家家元教授・邊井徹伸先生(奥、左から2番目)をはじめ
アスリートのお世話をしてくださった先生方と午後からお手伝いをしたアスリート


 最初は緊張していたアスリートたちですが、お運びの回数を重ねるうちに、アスリートに付き添って下さった先生方とも一期一会の和やかな時間を楽しむことができました。
 席主はお客様との会話のなかで、BG大会やアスリートがお手伝いをしていることを紹介してくださいました。また、お茶を頂いたお客様の中には、帰りに「楽しかった」「じょうずだったね」「大会がんばってね」と声をかけてくださる方もいらっしゃいました。

<撮影・取材 大坪>
◇8月29日の高岡お茶会の記事はこちら

戻る
ブロック大会富山のHPへ
SON・富山のHPへ